革命をレンダリング速度にもたらすのがレンダープールです。
こちらの特色はGPUを複数内蔵しているサーバーを数千クラスで利用しているため、圧倒的な速さのレンダリングを可能にしています。
そのため、CPUベースで行なっているサービスと比較しても100~1,000倍という驚異的なスピードで処理を実行できるのです。

では、このようなことを行うと具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、製作時間における待ち時間が極めて短くなります。
CGIやVFX、3Dモデリング、モーショングラフィックスなどの業務では、レンダリングの高速化は業務の効率化に直結します。
レンダリングの待ち時間は作業にとってのエアーポケットになってしまいがちです。
しかし、レンダープールのようなサービスを使えばクオリティを高めることが出来るのです。

また、使用方法が簡単だということも特筆すべきでしょう。
いくら優れている技術でも使い方が複雑な場合、限られた人だけの技術になってしまい、生産性の向上には繋がりません。
レンダープールはアップロードがワンクリックで可能になるだけでなく、1,000位上のフレームを一括で処理をすることが出来ます。
そのため、たとえ初心者であっても容易に使いこなすことが出来るので、作業全体の処理スピードが上昇するので仕事が捗るのです。