ディープ ラーニングのためのGPU選びに必要なのは世代の若いものを選ぶというものです。
スマートフォンやパソコンのように毎年様々なモデルが発表されるGPUは性能の向上が著しいと言われています。
そのため、たとえハイエンドモデルであったとしても、5年前のものでは明らかなパフォーマンスの違いが表れてしまうのです。

また、同じ年代でリリースされているモデルであっても製品によってグレードの違いが存在します、
初心者の場合、どのような違いがあるのか分かりにくいかもしれませんが、その判別をするには「値段」を見ると良いでしょう。
やはり、明らかに値段に違いがあるモデルというのは性能が高いことが多いです。
そのため、予算に余裕があるのならばなるべく高いものを購入するのが今後の学習処理に役立つと言えます。

しかし、気を付けなければいけないのが、自分の購入するGPUにどれだけの性能を求めているのかということがあります。
例えば、最新のハイエンドモデルを購入する予算が足りないとしても、その1つ前のモデルであれば自分の求めている性能に十分適しているというケースもあります。
このように、情報を正しく集めることがコストパフォーマンスの高い買い物への近道なのです。