株式投資をしたものの含み損で身動きができず、資金がないので外国為替証拠金取引に乗り換えることもできないという個人投資家は、まだまだ多いことでしょう。
そんな個人投資家には、資金が回収できればもう株はやめて、新しい投資を検討したいと考えている人が多いのではないでしょうか。
そうした個人投資家にとっても興味が尽きない対象が、ビットコインであるのは確かです。
金やプラチナのように価格が変動することから、もしかすると自分の持っているビットコインの値打ちが、ある日突然一気にふくらむ可能性があります。
一方で信用を失ってしまえば価値は一気に下落してしまいますので、たとえて言うならジェットコースターのようなリスクをはらんだ通貨といえるでしょう。
けれど、金にしろプラチナにしろ、市場で取引される価格は変動していますので、それと同じと考えれば投資の仕方も見えてくる気がします。
まだまだ知られていないことが多い謎の投資対象というイメージが強いのも、ビットコインの特徴でもあります。
この謎が多いというところが人々を不安にさせ、未知なる通貨というイメージを与えているのでしょう。
知れば、そういうことだったのかと不安も解消し、新たな投資方法として知らなかった魅力がわかってくるような気がしています。