ラップミュージックの魅力は何といっても、まず情報量が非常に豊富なことだと思います。
通常のポップミュージックやロックミュージックよりも圧倒的に歌詞の量が多いので、その分歌い手の伝えたいことや考えていることが細部に渡るまで共有できること、それが他のジャンルと決定的に違う部分だと思います。
Rhymesterの宇多丸がザ・グレート・アマチュアリズムの中で歌っている歌詞に「ブサイク・音痴だって歌えちゃうスッゲー敷居低い歌唱」というラインがありますが、まさにこれはラップミュージックの最大の魅力を伝えている歌詞の一つだと感じます。
誰であっても思っていることや感じていることの一つや二つはあると思います。
そんな気持ちを手軽に歌詞にしたため、それをリズムに乗って言葉にすることであっという間にラップミュージックとして成立してしまいます。
これほど良い意味で手軽な音楽はありません。
故に、もっとラップミュージックが市民権を得てほしいと切に願います。
いまだにラップといえばヤンキーやグレている人達の音楽という印象がありますが、私はたとえば自分にコンプレックスがあるような、いわゆる非リア充の人たちにこそラップミュージックの可能性があるのではないかと思っています。
今、若手の中でも屈指のスキルを持つR-指定というラッパーが徐々に知名度を上げつつあります。
彼は学生時代は非リア充の、いわゆる陰キャだったそうです。
そのようなルサンチマンを持つ彼が今後さらに活躍することによって、ラップに対する偏見が覆されることなればさらにラップ音楽が広がっていくのではないかと感じていますし、そのようになっていけばHIPHOPという文化も市民権が得られるのではないかと思っています。


※↑に関してココもおすすめ