保管期限切れの個人情報や社外秘が書かれた機密文書、どう処理していますか?
地道にシュレッダーにかけているのでしょうか。
ホチキスを外さなくてはいけなかったり、時間も手間もかかります。
量が少ないうちはいいですが、ある程度、まとまった量になるならアウトソーシングで、
機密文書の廃棄を依頼してしまったほうが無駄がありません。
人の手に渡ると情報漏えいが不安になったり、本当に処理してくれたかが気になる方もいるかもしれません。
しかし、機密文書セキュアリサイクルパックなら、位置測位機能付きで文書がどこにあるか逐次確認できるうえ、完全密封のまま処理されます。
さらに、処理後は溶解証明書が発行されるので、安全確実に廃棄が完了します。